アトピーとの付合い方

 

アトピーとは皮膚に起こる疾患のひとつです。遺伝の要素も強く、生活環境と相まって発症することが多いようです。けして珍しい病気ではなく、乳幼児に多く見られることで知られています。成長するにつれて自然に治癒することもありますが、良くなったり悪くなったりを繰り返すことも多く、日本人の10人に1人がアトピー性皮膚炎だとも言われています。またアトピー性皮膚炎を発症している人の多くは肌が乾燥しやすく、アレルギーを起こしやすい体質であるようです。 成人になっても症状に悩む人はおり、完治したと思っても、間を空けて再発することもあるため治療を続けるかどうかの判断が難しい病気でもあります。

アトピーに限ったことではありませんが、病気と向き合うことは非常に大切なことです。自らの気持ちも症状に関係しており、ストレスが溜まった状態だと症状が悪化する傾向にあります。規則正しい生活を送り、暴飲暴食を避けて、常に清潔な環境にいるということが症状の緩和に繋がっていきます。

症状が悪化した場合は合併症の危険もあるため注意が必要です。アトピーはかゆみを伴うため、強く掻いてしまいがちです。しかし、それによって皮膚のバリア機能が低下し、細菌やウイルス感染のリスクが向上します。また、顔に限って言えば強くこすることにより、眼病などの目の病気を引き起こす原因にもなります。 あなたの周りにもアトピー性皮膚炎に悩んでいる方がいるかもしれません。正しい知識を学び、理解を深めてみてはいかがでしょうか。

▼特集
アトピー性皮膚炎に悩む人向けに開発されたアトピーケア用スキンケア商品の通販サイトです・・・アトピーケア